私にとって作品を創造するプロセスは、内的世界の探求とリンクしており、その体験から創造される作品は、観る者の魂を刺激し、本質を見つめ直す機会を与えている。

 

“慈愛に満ちた神聖なエネルギー溢れる作品” “内的世界の探求と魂の解放をサポートし、心の平和、靈的成長、神性を目覚めさせる作品” をコンセプトに制作している。

 

心理学、色彩心理学、芸術療法、ヒーリング、古神道などの知識と経験をベースとして、日本に古くから伝わる叡智(古代文字などの形霊・言霊)や神聖幾何学、龍や鳳凰などのシンボルや、心理学において統合のシンボルでもあり密教においては悟りを開くための役割を持つ曼荼羅などを、作品の中に取り入れることで、調和と思いやり、慈愛に満ちた神聖なエネルギーが宿る作品となっている。

 

絵(作品)が、観る者に深い癒しと内的世界への探求の入り口(きっかけ)となり、癒しの先にある真のヒーリングを体験すること、心の平和、魂の解放と覚醒、精神性・靈性の向上など、靈的成長をサポートし、神性を目覚めさせることを意図して制作している。

 

“アートで世界平和”がモットーであり、私の芸術活動における役割でもあると考えている。

 

For me, the process of creating art is linked to exploring the inner world, and the works created from my experiences can stimulate the viewer's soul, giving them the opportunity to reexamine themselves.

 

I try to create works with the concept, "art filled with loving and sacred energy" and "to support the viewers' exploration of the inner world and the liberation of their souls, to awaken peace of mind, spiritual growth, and divinity."

 

Based on my knowledge and experience in psychology, color psychology, art therapy, healing, and ancient Shinto, I try to incorporate ancient Japanese wisdom (ancient letters and other forms of spirits and words), sacred geometry, symbols such as dragons and phoenixes, and the mandala, a symbol of integration in psychology and enlightenment in esoteric Buddhism, my works are filled with harmony, compassion, and love. 

 

I intend to create works so that they provide viewers a gateway to deep healing, while they explore their inner world, and to experience true healing beyond what they have imagined, and to support spiritual growth and awaken divinity through peace of mind, liberation and awakening of the soul, and enhancement of spirituality, mind and soul.

 

My motto is "World Peace through Art," and I consider this to be my role in my artistic activities.